モーターの表面温度記録

モーターの表面温度を測定し、内部異常を発見します。

  • ポイント
    • 温度ロガーLR5021とマグネット内蔵温度センサ(安立計器株式会社製MGシリーズ)を用いてモーターの表面温度をロギングします。マグネット内蔵温度センサはモーターの表面にマグネットで付けることができ、非常に便利です。
    • 周囲温度をK熱電対LR9692を用いて同時記録することができます。
    • 測定したデータはPCに転送してグラフ表示することができます。(データ転送には通信アダプタLR5091またはLR5092が必要です。)
    • より正確に解析するには、モーターの負荷を測定し総合的に判断しなければなりません。モーターの負荷測定は電力計を使用します。
モーターの表面温度記録
  • 使用機器
    • 温度ロガー: LR5021(K熱電対)
      ¥29,000 (税込 ¥30,450)
    • K熱電対: LR9692(ミニチュアプラグ付き)
      ¥3,000 (税込 ¥3,150)

    • 通信アダプタ: LR5091
      ¥4,000 (税込 ¥4,200)
      または
    • データコレクタ: LR5092
      ¥39,000 (税込 ¥40,950)

    • マグネット内蔵温度センサ: MGシリーズについては安立計器株式会社にお問い合わせください。 (http://www.anritsu-meter.co.jp/sensor/mg/table_mg.htm)


mixiチェック